FX雑記 2020-03-18 特に38.2%初回反発パターンについて

スポンサーリンク

方向感無いところでトレードしない

クソ相場でトレードしてはいけない。

なぜこんなところで2回もポジを持って狼狽損切りしたのか。

ブレイクアウト狙い?どっちにブレイクアウトするのか分からないのに?

エントリーポイントがクソ

FXはエントリーが全て。下げを狙っていたのにエントリーポイントが悪いせいでちょっとプラ天した時点で不安になってチキン利確してしまう。引きつけて入らないと。

売りのINが107.15とかRCI下限の最悪ポイント。せめて107.2でないと。
モメンタムが弱いと判断してしまいちょいプラテンで利確したあと爆下げ…

また、106.84が38.2%初回反発パターンなのに、そのちょい上で揉んでたから106.89で買いで入ってしまった。
押し込まれて気が気じゃない。

下落トレンドの反発狙いなのだから取れなきゃ仕方ないくらいの気持ちでいなければならない。
なんならちょうどのポイントと-5pipsあたりの2箇所に指値をおいておけば心理的にも安心だった。

トレンド相場の戻りの判定基準

戻り38.2%~61.8%で戻り売りをするが、それがチャネルの上限あたりに来る。

チャネル上限が少し61.8%を抜けても下げるときはあるが、(ラスト2回めの下落が鈍くてダイバージェンスになったとき)
最後のオーバーシュートからの戻りは61.8%を大幅に超えており、効かなかった。

上げが早すぎて38.2%初回反発パターンが使えない場合

5分足でこんなとき

1分足で見るときれいなインパルスで38.2%初回反発パターンが通用する。

この3波は副次波もインパルスで素晴らしい。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク