FX雑記2019-11-15

スポンサーリンク

読みなよ。FX勉強会のYouTube動画で、milkさんがこのような日記を書いていたので参考にする。

この日記では日々起こったことの感想を書くのではなく、思考を回転させるために色々書く。

「トレードはアイデアの連続である。」そのアイデアを出せるようにするために書くのである。

  • 自分がいつも勝てる・負けるパターン
  • なぜ勝てる・負けるのかの分析
  • 仲間から指摘されたことやそれについての分析
  • ポジション保有中の値動きを見て気づいたこと
  • 自分が今取り組むべき課題、取り組んで解決した課題
  • チャート分析についてのアイデア
  • トレードへの取り組み方
  • 動画やブログを見て気づいたこと

などを書いていく。チャート画像などは面倒なので載せない。プリントアウトして手書きする。

今はいろんな勝てるチャートパターンを頭に入れる時期。milkさんの動画、その他講師の動画をみて同時期のチャートを表示し、プリントアウトして考察を書く。

進研ゼミ売買法というのは、動画を見る限り重要な上昇・下降の38.2%のリトレースメントに触れた瞬間に反対売買を行う手法らしい。TPは20pips。確かに一発で反発する場面は多い。ただ大きな上昇・下降から38.2%1回きりなのでそんなにエントリー回数は多くなさそう。

トレンドラインの引き方が感覚的なところが難しい。単に高値・安値を結ぶのではなく、その間で跳ね返っているところも意識して平行に2本引いたりもする。

1日の最初に環境認識をしたら、その環境認識の方向にのみ売買すること。そうしないと往復ビンタを食らう。さらに、1日が終わった後にその環境認識が合っていたかを答え合わせする。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク