2020-03-30ドル円予測

スポンサーリンク

4時間足

下抜け後の下落継続中。
金曜日1時間足で苦手と書いた戻りらしい戻りのない形。

RCIはパーフェクトオーダーで下落し、短期線がロック

1時間足

下落が進むにつれボラティリティが高まった形。

RCIはロックされたが、4波で短期線が1往復できた。
5波は上昇の38.2%あたりで反発。

ただし、週末を挟んだので下窓スタートもあり得る。

5分足

金曜午前中は木曜日に引き続き下落が続いたが、午後から反発した。
1時間足に引いたトレンドライン下限近辺かつ1波のFE161.8%、
その位置で数度跳ね返されるという複数根拠で買うことは可能だった。

その後、上昇は下落の61.8%、上昇1波の261.8%まで進み、
H&Sを生成して下落。ここもエントリー可能なポイントだった。

その下落も上昇の61.8%まで下落してからトライアングル状に戻し、
そこから下にブレイクした。

上記のように午後はFR61.8%で上下するわかりやすい動きであり取りやすかったと思うが、
それまでの一方的な下落に警戒してしまいうまく取れなかった。

月曜週明けはどちらに動くかわからないので窓あけを注視する。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク