ぬる家二郎のすすめ

スポンサーリンク

とうとう家二郎なるものに手を出してしまった。

出来合いでコストと手間を押さえる

といっても一から全部作るわけではなく、麺とスープは桔梗庵の二郎系ラーメンセット
これで「ぬる家二郎」が可能となる。

スープから作ると1食7000円くらいかかるらしいし手間がかかりすぎて無理。

豚だけは妻の要望でこだわりたかったので、スーパーでグラム100円のバラ肉を買い、圧力鍋で煮てカエシで味付け。だいたいこのレシピどおり。
このためだけにみりん風調味料買った。みりん家にあるのに。

レビュー

できたものがこちら。

味再現はまずまずで、麺は違いが分からないレベル。スープは濃いめを謳っているけど、いつもカラメをコールする身としては物足りず。
豚を漬けたカエシがあって助かった。

アブラも全く足りないけど、豚がバラ肉で脂身豊富なのでそれで何とかごまかす。
千住大橋店のような油膜が欲しければラードや背脂を追加すべき。

40分以上圧力をかけた豚はホロホロで味もしっかりついており、そこらの店の豚より神豚になった。これにはYouTubeで三年食太郎氏の動画を見まくっている妻も大満足。

ヤサイは個人的な好みでややクタめな仕上がりにした。ここら辺の調整が自由に効くのも家二郎のいいところ。

気になるコスト

1食の価格は

  • 麺スープ: 650円
  • 豚400g: 400円
  • もやし500g: 80円

その他諸々で合計1300円くらい。

そりゃ店舗よりは高くついたけど、2人でシェアして2人ともお腹いっぱいになる量だったし、1人650円と考えれば安い。
なにより、多少高かろうが子供がいても2人で食べられるというメリットには替えがたい。

というわけで子持ちジロリアンにはオススメ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク