「フィボナッチブレイクアウト売買法」の検証4

スポンサーリンク

ども、とのです。

さて、ドル円が102円台まで上がってフィーバーしている中、「フィボナッチブレイクアウト売買法」に基づいたらクロス円の売りが入ってしまったので記録していきます。

CHF/JPYの売り

20130515_W1

CHF/JPYの週足です。

DTオシレーターが弱気に転じています。

一応五波トレンドパターンのような形になっていますが、
第三波が長すぎてリトレースメントがうまく取れません。

唯一第四波の161.8%外部リトレースメントが該当していますが、
調整波動の外部リトレースメントって有効なんでしたっけ?

20130515_D1

こちらは日足。

こちらは昨日の時点でモメンタムが弱気に転換しました。

ABC調整パターンのような気もしますが、
調整に至る前の下落があまりにも弱すぎて信頼性が低いです。

一応リトレースメントはその下落の78.6%内部リトレースメントがワークしています。(長い紺点線)

加えて、A波の61.8%代替価格予想、B波127%外部リトレースメントも重なっているため信頼性は高いですが、
元の下落が怪しいのでなんとも言えないですね。

で、昨日安値の105.773に逆指値。
枚数はリスクを半分に取って3000通貨としました。

現在ヒットして多少下がっています。

さてどうなることやら…

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク