Xcode6でKIFを使う

スポンサーリンク

UIテストにKIFを使ってみようと、
ここらへんとかここらへんとかみて見よう見まねでやっていたのですが、

#import 

がfile not foundになったり、XCTestが見つからないとかいうエラーになってしまいました。

上記のサイトだと独自にtargetを作成しているのでそれに倣ったのですが、
Xcode6からTestのtargetが自動で作成されるようになっているので、そちらを使うようです。
もしくは、ターゲットを元プロジェクトからコピーするのではなく、Cocoa Touch Testing Bundleで作成すると良さげです。

やっぱgithubのreadme読むのが確実ですね。
これに従って、今回はCocoaPod使っていないプロジェクトだったのでKIFのプロジェクトをそのままぶっこみました。

で、Testsのフォルダ以下にテストクラス作ったら#importでコケることはなくなりました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク