長期株式投資講座3:フリーキャッシュフローを重視した銘柄選定

スポンサーリンク

前回の記事ではDRIPによる複利効果と配当成長株投資の優位性について話しました。

ここまで来て、友達から
「リスクの話がほとんど出てなくて胡散臭くなってる」と指摘を受けましたので、
ちょっとそのへんの話をしておこうと思います。

最大のリスクは減配、無配リスク

外国の株を売買するため地域リスクや為替リスクなどがありますが、
何よりも気をつけるべきは減配、無配リスクです。

DRIPを行って複利で資産を増やしていくためには当然ながら配当が支払われることが前提になります。
しかし、企業の資金繰りが悪化して減配されたり、無配になってしまうことは往々にしてあります。

そうなってしまった場合はこの投資法の前提が根本から崩れてしまうため、
配当が復活する兆しがあるからホールドするのか、それとも諦めて損切りして別の銘柄を探すのか選択しなければなりません。

そうならないために、配当が成長し続ける株を選定する目を養う必要があります。

配当はどこから生まれるかを考える

そもそも配当は、企業活動の結果余った利益を株主に返還するものです。
売上を上げた後、経費を差し引き、従業員への給与を支払い、次のビジネスのための設備投資を行い、
それでも余った現金が(普通は)配当として支払われます。

そのため、配当成長株の銘柄選定の際には「株主に還元されるほど現金が余っているのか」を見ればよいのです。

その際に役立つ指標があります。

フリーキャッシュフローです。

フリーキャッシュフローとは

フリーキャッシュフローの説明は自分のような素人がするより
詳しく解説されているところを参照していただければと思いますが、
おおざっぱに言ってしまえば「営業利益から経費や設備投資費用を差し引いた余りの現金」です。

設備投資などを行った上でなお現金が余っているということはそれだけ経営が健全であるということです。
これをただ持っているだけだと経営にも使わず株主にも還元されない無駄金として株主から批判を受けてしまいます。
そのため、フリーキャッシュフローが多ければ多いほどそれが配当として株主へ還元される可能性が高いということになります。

また、売上高や営業利益などは帳簿への載せ方次第で多少見栄えを良くすることは可能ですが、
実際に余る現金というものはなかなかごまかしが効かないものです。
なので、他の決算資料を見るよりも企業の財政体質を見誤りにくいです。

もちろん、他の数字や事業内容それ自体も見て総合的に判断しなければなりませんが、
キャッシュフローの値は判断前の足切りとして機能してくれるでしょう。

ここで、前回紹介したMCDのフリーキャッシュフロー遷移を見てみましょう。
(参考:モーニングスター

MCD-FCF

2004年から順調な伸びを見せていましたが、2012年にいったん低迷して2013年には2011年規模まで回復しています。
これから新規で買うのはちょっと微妙ですが、今保持している人はホールドと言った感じでしょうか。

ここで、「あれ、マックって最近業績悪いんじゃなかったっけ?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、
そちらは日本マクドナルドの方です。

では、日本マクドナルドのキャッシュフローを見てみましょう。
(参考:財務分析.jp

JMCD-FCF

2013年が載っていなかったので公式から計算しました。
営業キャッシュフローと投資キャッシュフローを足せばフリーキャッシュフローになります。

2012年からの落ちっぷりがやばいですね…
2013年はフリーキャッシュフローがマイナスに転じてしまっています。
このような株は購入対象から外すのがセオリーです。

将来のキャッシュフローがどうなるかは数字だけではわからない

日本マクドナルドのフリーキャッシュフローの落ち込みは、
新店開発による投資キャッシュフローの増加と売上減少による営業キャッシュフローの落ち込みのダブルパンチによって発生しました。

投資キャッシュフローの増加は、その設備投資が適切に行われて利益につながるものであれば問題ありません。
大きなリターンが見込める設備投資であれば今はキャッシュフローがマイナスでも将来的にプラスに転じてくれますから、
逆に今は買いどきということになります。

その判断が難しいからこそ今現在キャッシュフローが健全な会社に投資するのが安全なのですが、
自分で「これは将来伸びる!」と感じた銘柄があれば、それを信じて投資してみてもいいかもしれませんね。

まぁだいたい失敗するんですけど。

終わりに

これで、長期株式投資講座と題してお伝えしようとしていた内容はおしまいです。
書いたのはほんとうに簡単なさわりなので、もっと各論を書いていきたいところなんですけど、
あんまり突っ込むと自分が購読しているメルマガ徒然のパクリみたいになってしまうので書けません。

個別銘柄とかをあまり出さずに書くことはあるかもしれませんが、気になったら徒然購読してください、ということで。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク