2020-08-17取引記録

スポンサーリンク

ユロオジ売り。MA下向きだけを根拠。

最初大きいロットと感じたので半分損切したが、結局下げた。

0.1%リスクなのでやはり最初のポジションを8.9pipsで決済し、

残りをその下で利確したい。

ユーロ円売りは大失敗。

ユロポン見てレンジになるかと思ったらブレイクされた。

 

ドル円もそのまま下げるかと思ったら戻された。

ドル円は戻しで売りを入れた。

少し揉んだ後下げたがTD13が出てしまったので半分決済。

また、RECOBAのポン円売りも決済。

後はドル円半分を建値に置いてRCI26に任せて放置。

->狩られそうなので取っといた。戻したら売りなおしたい。

その後上昇。TD13強し。Max GartleyとTD9で売り。

しかし思い直してすぐクローズ。1時間足で見るとサポレジラインで跳ね返されており、5分足で同レベル4回チャレンジ失敗しているため。14時のことなので、1516時の動きでどちらが勝つか見るべき。

ユーロドルを買ったが損切り。打診買いがてっぺんとなるのはいつものとおり。

底で少し買い足してトレンドラインを引いたところを突破したので足したが、

大きいノートPCでのリスクが0.2%になっており、ダマしで0.3%の損切り。

トレンドラインでは勝てない、水平線では勝てると体現してしまった。

トレンドライン突破したところは過去の安値高値のサポレジ部分だった。

サポレジ突破したところの戻しを売る局面だった。トレンドラインはMT4から消去した。

水平線を引き直し、サポートラインまでショートしてそこでドテンロング中。

勝ちトレード

上記も悪い予感がして微益決済し、更に下がってCrabパターンとTD9が出たところで再度ロング

これはハマって38.2%とTD9まで保有できた。

H1M5で同時にTD9が出たので売り。0.3%もリスクを取って損切り。

RCI反転で自動利確も入れていたが、損失の場合にスルーする機能が足を引っ張った。

こういう放置して寝る場合はデフォルト損失でも切ったほうが安全ということが分かった。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク