お風呂の入れ方で愛育病院の方法から変えたこと

スポンサーリンク

出産した愛育病院を退院したので、自宅でお風呂に入れています。

愛育病院の沐浴指導

愛育病院では1度だけ沐浴指導がありました。
そこで教わった方法は、

洗い

  • 洗い場に下からバスタオル、肌着、オムツ、バスタオルと敷き、その上に赤ちゃんを乗せる
  • ウンチをしていないか確認。していたらオムツを替えておく
  • 赤ちゃんの目をぬるま湯で濡らしたガーゼで目尻から目頭へ拭き取る
  • 顔を濡らしたガーゼで湿らせる
  • ボディソープの泡を手に取り顔に塗る
  • 濡らしたガーゼで泡を拭き取る
  • 手〜腕に泡を乗せ、ガーゼで拭き取る
  • 肌着の袖を手の先まで被せて泡のついた手を口に入れないようにする
  • 首、体、足、背中と泡を乗せ、ガーゼで拭き取るを繰り返す。
  • お尻お洗うときはオムツを敷いたまま

湯船

  • 肌着、オムツを脱がせ、片手の平で肩と肩の間を持ち、その指で耳の後ろを支え、40度前後の湯船に入れる
  • もう片方の手で残っている泡を落とす。顔はガーゼで拭く
  • 頭を立てて水を飲まないようにし、風呂桶にお湯を取り、頭からかけ湯する
  • 特に入浴時間を設けるわけではなく、泡が落ちたら上げる

仕上げ

  • バスタオルの上にあげ、タオルを押し当てて水分を拭き取る
  • オムツを下に敷いてウンチに備える
  • 消毒液を湿らせた綿棒でおへそとへその緒の間を拭う
  • オムツをはかせて肌着を着せる
  • 綿棒で耳の外側を掃除する
  • 綿棒を鼻の穴に浅く入れ、クルクル回しながら鼻くそを回収
  • 髪の毛が伸びている場合は櫛でとかす

こんな感じです。

スキンケア本との差異

その後これが最新 赤ちゃんのスキンケアがよくわかる本という本を読んでみました。

泡で洗う、湯船にはそれほど入れないという点では一致していますが、
教えてもらった内容とは以下のような違いがありました。

ガーゼは使わず手で洗う

ガーゼは目が荒く赤ちゃんの薄い肌を傷つけるため、泡はなるべく手で拭います。

お湯は38度

愛育病院の指定より少しぬるめにします。

風呂上がりに保湿する

これが一番重要ですね。

ベビーローションを手に取り塗りたくります。
お腹や腕など位置部位ごとに500円玉程度のローションを使う感じです。

今の所の娘の肌の状態

妻がアトピーで未だに自分の肌をかきむしるので心配していたのですが、
今のところは肌のトラブルは出ていません。

しかし3歳になるまで続けなければならないらしいのでなかなか大変です…

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク