SwiftでiOS開発始めるためにDeveloper Programに登録してXcode6をダウンロードする

スポンサーリンク

ども、とのです。

最近仕事でAndroidやiOSの開発を委託する立場になり、
指示出しや納品物の確認のためにそこら辺の知識が必要になってきました。

Androidは前々から使っていたJavaで書くんで取っ付きやすいのですが、
iOSはObjective-Cとかいう馴染みのない言語で書かなければなりません。

ちょっと敷居が高いなぁと思っていた矢先、AppleからSwiftという言語が発表されました。

これは取っ掛かりにはいいかな思ってSwiftで開発してみようと思ったのですが、
Swiftに対応しているXcode6はまだベータ版のため、
iOSのDeveloper Program(有料)に登録しなければダウンロードできません。

プログラム書くのに金取られるのは癪ですが、
天下のApple様には逆らえないのでそろそろ始めてみましょうということで、
Developer Programに登録してみました。

Developer Program登録って最近は簡単になったけど複雑と聞いてスクリーンショット撮りながらやってたのですが、戸惑うところも何もなく完了してしまいました。

ただせっかくなのでまとめてみます。

まずは登録

こちらにアクセスし、「今すぐ登録」をクリックします。

dev1


「続ける」をクリックします。

dev2


Apple IDを持って入ればサインイン、無ければ作成します。
俺はApple IDを持っているので「Sign in」を押します。

dev3


サインイン画面が出るので自分のApple IDを入れてサインインします。

dev5


個人か組織かを聞かれます。
個人なので「Individual」をクリックします。

dev4


同意書が表示されるので読み流してチェック入れて「Agree」を押します。

dev6


開発の目的やらを聞かれるので適当に入力します。

dev7


氏名、住所を入力します。
住所はクレジットカード会社へ送る日本語の住所と、
Appleと連絡を取る用の英語の住所を入力します。
英語住所はこちらで変換しました。
電話番号の日本の国番号は81です。

dev8


どのプログラムに参加するのか聞かれるので、iOSを選択します。
7800円です。

dev9


入力内容の確認画面が出ますので「Continue」を押します。

dev10


またしても同意書。
読み流して「I Agree」を押します。

dev11


決済画面へ飛ぶ前の確認画面です。「Buy Now」を押します。

dev12


またアカウントの入力画面。入力しましょう。

dev14


決済情報を入力します。
なんか買ったことのある人は大体情報が入っています。

dev15


決済の確認画面が出ます。
ご注文合計に消費税がしっかり入ってやがる。
ともあれ、「ご注文の確定」を押します。

dev16


これで注文が終わりました。

dev17

Xcodeをダウンロードする

Apple IDのメールアドレスにメールが届きますので、「Member Center」のリンクをクリックします。

dev18


メンバーセンターの画面に飛びました。
Dev Centersの「iOS」をクリックします。

dev19


Dev Centerの画面に到着。
ここからXcode6をダウンロードするのですが、
Xcode6はiOS8 Betaのカテゴリにあるため、赤く囲った部分をクリックします。

dev20


こんな画面になります。

dev21


下の方へスクロールすると…

dev22


あった!Xcode 6 beta!
「Download Xcode」を押してダウンロードします。

2GBくらいあるので、気長に待ちましょう。
このブログ記事書ける程度には待ちます(この時点でまだ開けてない)
Swiftで書かれたゲームのサンプルでもダウンロードして読んどきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク