チューバでの「太い息」の出し方

スポンサーリンク

チューバ吹いてて「音が硬いなー」と感じる時って唇が締まり過ぎていることが多い。
唇同士が過度にぶつかり合ってノイズが混じってしまうんですね。

なので、なるべく唇の間隔(アパチュア)をあけて吹きたいのですが、
やりすぎると開きすぎてドッペルが出てしまう。
息のスピードが遅くなりすぎて下の倍音が出ちゃいます。
そこのとこを気をつけないといかんですね。

その上で音を喉の奥で響かせるイメージを持たせるといい感じになります。
具体的には下の顎を前方に押し下げる。
そうすると自然に軟口蓋が上に上がっていきます。

その状態で吹くと割といい響きになりました。
特にpの音量で吹くときは喉の奥を目一杯開けないとまともな音が出ません。

最後にタンギング。
次田さんなどは舌先でつつくことを推奨してますが、自分は舌が長いのかどうしてもそれがうまくいかず…無理にやると「ピチャピチャ」と嫌な音がしちゃいます。
舌の先よりちょっとだけ奥で叩くとちょうどいい音色になるので、ここは自分の体に合わせてみます。

あくまで「自分の場合」なメモですが、忘れないようにしないと。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク