2014年9月27日のゴルフ練習

スポンサーリンク

今週は日曜日にゴルフレッスンを入れているため、土曜日のこの練習はいつも以上に気合を入れて行いました。

今日はフックの改善のためにグリップを変えて練習。
グリップはここらへんの動画を参考にしたところ、
「指で握る」を意識することでグリップをストロングからニュートラル気味に修正することが出来ました。

ゴルフスイングの基本 グリップの握り方
下半身でボールの高さに合わせて上から打つ度アップ

今までは手のひらを使いすぎていて、左手の手刀部分で固定しようとしてかなり無茶なストロング状態になっていたようです。
これを直すことでフックする確率がかなり減りました。

ただ、ドライバーが何球打ってもうまく当たりません。
トップしてゴロか詰まって150ヤードくらいしか飛ばないというのがほとんど。
そういえば初ラウンドも後半そんなショットが多かった気がします。

これを直さなきゃなぁと休憩中に見ていた動画がこちら。

誰でもドライバーで250Y飛ばせる科学。5分で分かるドライバーの科学 第1弾

ここで解説されている「インサイド・アウト、アッパーブロー、腕を垂直に振り下ろす、テイクバックよりコンパクトなスイング軌道」などの点を意識することでなんか飛ぶようになりました。

特に「コンパクトなスイング軌道」が肝で、
おそらくこれを実現するためにダウンスイング時に体重が左に移るようになって理想的なスイングになっているんだと思います。

また、「腕を垂直に振り下ろす」というのもテイクバック時に体の強い捻転に繋がって当たり負けないインパクトが生まれています。

この動画をみたあと後半は結構安定して210〜230ヤードくらい飛んでたので改善成功です。
明日坂本プロに見てもらってさらに調整します。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク